カテゴリ
全体
Blog
GT-R
CP22S
Formula 1
競馬
仕事
中学入試・理科
研究室・就職活動
TV番組・映画
以前の記事
2009年 10月
2007年 07月
2007年 06月
more...
最新のトラックバック
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
くちこみブログ集(くるま..
from くちこみブログ集(くるま)(..
車検の種類について
from 車検費用節約なび 車検費用を..
たまごっち
from トレンディーなキーワード
セルボモード CERVO..
from クルマ選び口コミ情報サイト:..
マレーシア
from 実践!アンカーポートで配当金..
感動したっ!
from Honda Racing ..
F1第2戦マレーシアGP..
from Blog Epsilon
検索


5月10日 エンジンオイル

くえーかーこれは、先日入れたエンジンオイル。
実際走ってみて油温・油圧の二点に注目した。

ほかの事はわからないので。

で、油温。
今まで入れたエンジンオイルの中で
一番温度が上がる。
といっても3種類しか入れたことないけど。

高速走行が長時間続いた時は100℃位にあがってしまった。
Mobil1ターボは90℃を少しだけ超える程度だった。
ちなみに、行きつけの日産で入れてもらうオイルは90℃手前で
温度上昇が止まる。

温度が低ければいいというわけではなのかも知れないが
昨年のあの猛暑の中でも90℃手前だったのはすばらしいと思う。

油圧。
これは意外にそんなに差を感じない。
エンジン始動後数分して、アイドリング中のを比べてみると
大体同じくらい。
日産で入れてもらうオイルは気持ち油圧が高い。

果たしてこの2点がオイルの性能としてどう評価されるのかは知らないが
肝心のエンジン保護性能、油膜の強さなどは乗っていてもわからない。
エンジンオイル交換するとなんとなく音がよくなるとか、
回りが気持ちよいとかは感じる。
だが、気持ちの問題が強そうだ。

そんなものが運転してわかるのかは不明だ。
何れにせよ、わかるには経験が足りない。

オイルそのものに関してはそこそこ調べたが
実際の油温や油圧などは車による違いが激しく
よくわからないのが現実。
それでもRB26はユーザーが多いので情報収集はしている。

いろんな意見がありすぎて、結局よくわからない。

オイルのせいで壊れたという話は聞かないので
交換さえしっかりしてればいいかなとも思う。

誰か教えてください。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2005-05-10 23:19 | GT-R
<< 5月11日 タイヤ交換! 5月9日 157259 4月の... >>



 

GT-Rのある生活あれこれ
by Paul(v_spec2-n1)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Link List

・お気に入りリンク

PROFILE
■Paul
・神奈川県
・大学院生
・就職活動中

■BNR32
・H5年式V-spec
・ブーストアップ可能
(普段してない)
・見た目以外基本ノーマル

■CP22S
・H7年式セルボモード
・エンジン:F6A(キャブ)
・5MT
・ノーマル

※コメント投稿時のパスワードとは『削除キー』の事ですのでご自由に設定してください。
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

My HomePage

・CarlifeSupport
TrackBack

・GT-R



アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ