カテゴリ
全体
Blog
GT-R
CP22S
Formula 1
競馬
仕事
中学入試・理科
研究室・就職活動
TV番組・映画
以前の記事
2009年 10月
2007年 07月
2007年 06月
more...
最新のトラックバック
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
くちこみブログ集(くるま..
from くちこみブログ集(くるま)(..
車検の種類について
from 車検費用節約なび 車検費用を..
たまごっち
from トレンディーなキーワード
セルボモード CERVO..
from クルマ選び口コミ情報サイト:..
マレーシア
from 実践!アンカーポートで配当金..
感動したっ!
from Honda Racing ..
F1第2戦マレーシアGP..
from Blog Epsilon
検索


9月14日 実験サンプルの行方

こいつが期待の管状炉昨日は炉の故障から
対策を考えていたのだが
そういえば、管状炉が暇そうにしている!?

写真がその管状炉。
先日の高温炉と違い筒の奥で焼くのだが
カップ型の器だと入らないのでボートに移し変える。

作成中のサンプルは4つ。
しかしながら、この形状だとボートはひとつしか入らない。
列にして入れてしまうと端っこの方が
設定した温度で焼結できない。

とりあえずサンプルの一部をボートに。ここで考えたのは…。
ひとつのボートに2サンプル投入。
(混ざったらアウト)
ちなみにこの4つのサンプルは
どれも全く見分けがつかない。
これがかなり危険な事は想像できる事と思う。

残りは炉が修復してからまとめて焼く。

先生のサンプルとりあえず、かなり時間がかかってしまうが
何とかなる可能性が見えてきた。
賭け的な要素も含まれているが
後はただ、祈るのみ。

そんな気を知っているのかいないのか
その頃すでに先生のサンプルは
ゴンゴンに高温にさらされていた。
って、これも超強引。
測定用装置を炉として使っているのだ。
こっちの方が無茶してるよな。

使い終わったらこっちも使えるか検討してみよう。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2005-09-14 23:07 | 研究室・就職活動
<< 9月14日 集中講義パート2 9月13日 電気炉の故障 >>



 

GT-Rのある生活あれこれ
by Paul(v_spec2-n1)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Link List

・お気に入りリンク

PROFILE
■Paul
・神奈川県
・大学院生
・就職活動中

■BNR32
・H5年式V-spec
・ブーストアップ可能
(普段してない)
・見た目以外基本ノーマル

■CP22S
・H7年式セルボモード
・エンジン:F6A(キャブ)
・5MT
・ノーマル

※コメント投稿時のパスワードとは『削除キー』の事ですのでご自由に設定してください。
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

My HomePage

・CarlifeSupport
TrackBack

・GT-R



アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ