カテゴリ
全体
Blog
GT-R
CP22S
Formula 1
競馬
仕事
中学入試・理科
研究室・就職活動
TV番組・映画
以前の記事
2009年 10月
2007年 07月
2007年 06月
more...
最新のトラックバック
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
くちこみブログ集(くるま..
from くちこみブログ集(くるま)(..
車検の種類について
from 車検費用節約なび 車検費用を..
たまごっち
from トレンディーなキーワード
セルボモード CERVO..
from クルマ選び口コミ情報サイト:..
マレーシア
from 実践!アンカーポートで配当金..
感動したっ!
from Honda Racing ..
F1第2戦マレーシアGP..
from Blog Epsilon
検索


10月31日 GT-R PROTOを考える
写真で見るより実際に見たほうがよく見えるのは車の基本
まずは面構え。
フロントバンパーが大きすぎて、交換が大変そう。
と言うのが一番初めの印象。
実際この写真ではフェンダーとバンパーの境目が見えない。
バンパーのエアインテーク部分はセンターに大きいのが見える。
GT-Rはこうでなくては。

カーボン調デザインは最近の流行。
コンセプトとしては、サーキットはもちろん街中にもしっくり。のような感じか。
スパルタンな印象は薄れた。
GT-R PROTOのサイトのムービーで更にそれを感じる。
結構いいよ。このデザイン。慣れの問題だと思う。
エンブレムはより一層の輝きを出し
エレガントな雰囲気に。
どうせ飛び石でぼろぼろになるのだろうが…。
飛び石と言えば…
バンパーのカーボン部分が心配だ。

真正面から見た場合は
可愛すぎて気に食わないが
実際近くで見るとそんなに悪くはない。
これから市販に向けてどの程度変化するかに掛かっている。
(大分市販モデルに近いと言う印象を受けたが…)
これは…
サイドはどうか。
これは現行のV35に近い。
しかし、今までのようなマッシブな感じは薄い。
最近の車を見ても今までのRのようなマッシブなボディは珍しくなってきた。
ここでも、やはり同様にコザッパリしてしまって物足りなささえある。
セダンやクーペと決別したのは何の為か。
単なる前後バランスか??

Fフェンダーのダクトは、もう少しワイドフェンダーにしないと不恰好に感じる。
ここもカーボン調になっている。

ブレーキローターは小さすぎるし、キャリパーも不明なものが装着されている。
まだ未完成と言う事か。
前後のタイヤサイズが若干異なる。太さも違う。
やはり、アテーサE-TSは捨てたか?
基本FRは今まで通りで完全独立の前輪駆動が実現されたか?
誰も予想だにしない新方式4WDが開発されたのかも知れないが
噂通りFRと言うのが、可能性として大。
ここは結構よく出来てる。
リヤ周りセンスのないと評判の日産だが
今回はよく出来ているのではないか。
個人的に、V35クーペのリヤバンパーは大きすぎて
のっぺりしている感じが好みではなく、TOPSECRETの様な
リヤバンパーの方が圧倒的に好きだった。
ナンバーの位置が低すぎた事が失敗だった気がする。

ナンバーがカッコイイよ~。欲しい。リアコンビネーションランプ。
これも独特な感じ、キラキラしていてカッコイイ。
ウィンカーはR34クーペと同様
丸型の内側が点灯する。
リバースランプ、リヤフォグは?
ここら辺はどうなっているのだろう。

マフラーは両出しデュアルマフラーを採用。
最低地上高を確保。
車高を下げて乗って欲しいと、解釈した。

アンダーはデフューザーも兼ねている。
ここもカーボン調だ。
マフラー交換も面倒臭そうだ。
ノーマル風に乗るか、変えるなら全力で変更しろと言うことだろう。

リヤをスパッと切ったのはスポーティさを増している。
曲面が多いデザインにアクセントを与える。
このボディ形状では大型のリヤスポイラーは純正では付かない。
物足りなさより寂しさを感じる。

■総括
一つ一つを見ると外装はかなり出来ていると感じる事が出来る。
空力特性についても『理想的』と言うゴーンの発言がそれを物語る。
これから変更があるとしても、劇的な変化はないだろう。

Rとして存在する以上は、見た目だけではなく
その運動性能に注目が集まる。
半端なスポーツカーではファンが納得する訳もなく
日産の提唱するドライビングプレジャーとは如何なる物か
それを知らしめて欲しい。
そして、R32~34とは全く違う持ち味を作り出して欲しい。

BNR32の様な華麗なるGT-R復活劇を期待して止まない。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2005-10-31 23:43 | GT-R
<< 11月2日 福島へ 10月30日 第132回 天皇賞・秋 >>



 

GT-Rのある生活あれこれ
by Paul(v_spec2-n1)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Link List

・お気に入りリンク

PROFILE
■Paul
・神奈川県
・大学院生
・就職活動中

■BNR32
・H5年式V-spec
・ブーストアップ可能
(普段してない)
・見た目以外基本ノーマル

■CP22S
・H7年式セルボモード
・エンジン:F6A(キャブ)
・5MT
・ノーマル

※コメント投稿時のパスワードとは『削除キー』の事ですのでご自由に設定してください。
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

My HomePage

・CarlifeSupport
TrackBack

・GT-R



アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ