カテゴリ
全体
Blog
GT-R
CP22S
Formula 1
競馬
仕事
中学入試・理科
研究室・就職活動
TV番組・映画
以前の記事
2009年 10月
2007年 07月
2007年 06月
more...
最新のトラックバック
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
くちこみブログ集(くるま..
from くちこみブログ集(くるま)(..
車検の種類について
from 車検費用節約なび 車検費用を..
たまごっち
from トレンディーなキーワード
セルボモード CERVO..
from クルマ選び口コミ情報サイト:..
マレーシア
from 実践!アンカーポートで配当金..
感動したっ!
from Honda Racing ..
F1第2戦マレーシアGP..
from Blog Epsilon
検索


12月7日 授業について考える
卒業を控えている身で授業もほとんどとっていないが
それでも出ている授業のレポートは出さないといけないわけで
四苦八苦している。

大学院では自分の研究を最優先にしたいので
勉強も必然的に自分の事になる。
すべての内容がカバーできればそれに越したことはないが
『専門分野』という言葉が存在している以上は現実的に厳しい。

というより、教える人は何人もいる。
専門分野も多種多様だ。
自分は一人しかいないわけで
それぞれの授業を完全に理解するのは不可能で当たり前の事。
授業内容をわかりやすいように工夫してくれる先生もいるが
年齢が増すか、地位が上がるか、または両方の場合
そこら辺が薄れてくる割合が増える傾向にある。
勿論例外はあるが、
自分の過去の業績をぺらぺらとわかりにくく
最悪学会発表形式で授業でする先生も…。

わかりにくいだけならまだいい。
最悪なのは、聞こえない。
一方的な授業だ。

高等教育とは言うものの、必ずしも授業の質は高等ではない。
これは、高校生の大学選びの段階では見抜き難い。

脱線気味なので話をレポートに戻すと
『自分の研究分野でカオスに関する論文を読みレポートにまとめよ』
さらに、授業で概要を発表せよ。
との事。

カオス…Chaosか、と
検索してみるも関連する論文が存在しない。
妥協点とすれば、『自分の研究分野』を少々広げていくしかない。

「大学院の授業と言うのは

お互いにとって、妨げでしかないね。」


これはその先生の名言。
まさに今、その状況だ。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2005-12-07 11:05 | 研究室・就職活動
<< 12月7日 最近知った事 12月6日 寒いと思ったら >>



 

GT-Rのある生活あれこれ
by Paul(v_spec2-n1)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Link List

・お気に入りリンク

PROFILE
■Paul
・神奈川県
・大学院生
・就職活動中

■BNR32
・H5年式V-spec
・ブーストアップ可能
(普段してない)
・見た目以外基本ノーマル

■CP22S
・H7年式セルボモード
・エンジン:F6A(キャブ)
・5MT
・ノーマル

※コメント投稿時のパスワードとは『削除キー』の事ですのでご自由に設定してください。
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

My HomePage

・CarlifeSupport
TrackBack

・GT-R



アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ