カテゴリ
全体
Blog
GT-R
CP22S
Formula 1
競馬
仕事
中学入試・理科
研究室・就職活動
TV番組・映画
以前の記事
2009年 10月
2007年 07月
2007年 06月
more...
最新のトラックバック
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
くちこみブログ集(くるま..
from くちこみブログ集(くるま)(..
車検の種類について
from 車検費用節約なび 車検費用を..
たまごっち
from トレンディーなキーワード
セルボモード CERVO..
from クルマ選び口コミ情報サイト:..
マレーシア
from 実践!アンカーポートで配当金..
感動したっ!
from Honda Racing ..
F1第2戦マレーシアGP..
from Blog Epsilon
検索


11月25日 スカイラインの魂

大和魂というより、日産の魂を感じた。再び大手町へ。
車検を任せている日産まで行くのに
乗り換えるので好都合。

アンケートに答えているうちに
店の前にスカイラインが到着していた。
鍵を渡された瞬間、感じるものがあった。
なんだったのかわからないが、印象に残っている。

いざ。 
実際に乗ってみて感じて欲しいところだけど、
内装の感じは完全に高級志向。
よりLuxuryにShiftした感じ。

では、走りはどうかと。
価格帯は然程換わらないにしてもスペック上は飛躍的(?)にUPしている。
はず。
東京駅前を走ってみて、ポテンシャルは存分に感じる事ができたが
そのうちの何パーセントを引き出したと言うのか。
結局、未知な部分が多く逆に惹かれた。

まず、8割が新開発と謳ったエンジンは音がよい。
最近の高級車は何も聞こえないけど、
回す程に良い意味で響く。
スイッチ周りに若干の不安はあるものの、運転は楽しめる。
パドルシフトも扱いやすい。
慣れていなくても十分に扱える。
軽やかな加速に加えて、操舵性が意外に良い。
足回りも乗り心地を確保している。

後席が広いのも特筆すべきところ。
家族を忘れないスカイラインだ。
過去の教訓が活きている。

大きく変わったV35からまた変化したデザイン。
北米仕様という言葉がピッタシ。
日本での販売は割り切り方向なのだろうか。
それを受け入れる事ができれば買っても後悔しないだろう。
クーペはセダンとまたガラリと変えてくるはずだ。
(V35もかなりこだわりを見せてくれたし。)

日産は大人のスポーツを提唱している。
絶対に運転の楽しさを疎かにはしていない!

そして、色と音に対する拘りも忘れてはならない。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2006-11-25 23:44 | Blog
<< 11月26日 182286 走... 11月24日 181699 R... >>



 

GT-Rのある生活あれこれ
by Paul(v_spec2-n1)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Link List

・お気に入りリンク

PROFILE
■Paul
・神奈川県
・大学院生
・就職活動中

■BNR32
・H5年式V-spec
・ブーストアップ可能
(普段してない)
・見た目以外基本ノーマル

■CP22S
・H7年式セルボモード
・エンジン:F6A(キャブ)
・5MT
・ノーマル

※コメント投稿時のパスワードとは『削除キー』の事ですのでご自由に設定してください。
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

My HomePage

・CarlifeSupport
TrackBack

・GT-R



アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ