カテゴリ
全体
Blog
GT-R
CP22S
Formula 1
競馬
仕事
中学入試・理科
研究室・就職活動
TV番組・映画
以前の記事
2009年 10月
2007年 07月
2007年 06月
more...
最新のトラックバック
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
くちこみブログ集(くるま..
from くちこみブログ集(くるま)(..
車検の種類について
from 車検費用節約なび 車検費用を..
たまごっち
from トレンディーなキーワード
セルボモード CERVO..
from クルマ選び口コミ情報サイト:..
マレーシア
from 実践!アンカーポートで配当金..
感動したっ!
from Honda Racing ..
F1第2戦マレーシアGP..
from Blog Epsilon
検索


カテゴリ:Formula 1( 34 )
9月9日 来年のB.A.R.HONDA
「ルーベンスはウェバーよりも良い」
なかよしこよし
写真URL:http://images.f1racing.net/small/45747.jpg

7日のニュースで報じられたJ.バトンが放った言葉だ。

来年度は現フェラーリのルーベンス・バリチェロがB.A.R.と契約を結んだ事。
昨年、J・バトンがウィリアムズへ行くのに失敗しているという事。
少なくともこの二つの事象が絡み合っている。

もしJ・バトンがB.A.R.に残留するとR・バリチェロとチームメイトになる。
この場合佐藤琢磨はどうなるか…疑問。
フランクウィリアムズがJ・バトンを獲得する事ができれば
現ウィリアムズのM・ウェバーがチームメイトになる。

とにかくこれは、去年アレだけもめたのに
今年は「残留したい。」という事なのだろうか。

J・バトンは
「僕の意見では、ルーベンスはチーム開発において、よりすぐれた入力を行えるドライバーだろう。それに、普通は常に勝利する可能性を持つ2人のドライバーを持つほうが好まれるよ。自分よりも遅いセカンドを持つことはとてもいらいらすることだと僕はわかっている。」
と語ったらしい。(関連記事より抜粋)
どこまで言いたいのか謎。
何がしたいのか。

来年のF1は、エアロパーツの規制やスリックタイヤの復活など噂されるが
大幅なレギュレーションの見直しがあるだろう。
その事も含めて目が離せない展開になりそうだ。

■関連記事(もとネタ)
F1 Racing.jp 2005
[PR]
by v_spec2-n1 | 2005-09-09 10:22 | Formula 1
7月31日 第13戦ハンガリーGP 決勝
ハンガロリンク。
今回は実に見ごたえのあるレースだった。

ただ、M・シューマッハはかなりつらかったのではないかと思う。
K・ライコネンはやはり燃料が入っていなかったらしく、早々に給油していた。

何より序盤はC・クリエンの空中乱舞。
奇跡的に怪我がなくてよかったが、危なかった。
マシンの裏側を見る機会はそうあるものではない。

D・クルサードもF・アロンソが落っことしたFウィングを
踏んでリタイヤ。
砂糖琢磨も危なかった。

序盤の混乱を無事に回避した佐藤琢磨。
レッドブルは運がなかった。
F・アロンソは結局Fウィングを落とした事でペースを乱し
ノーポイント。

レース前に自分の誕生日に『キミがリタイヤすれば最高のプレゼントになる。』
と、言ったのが災いしたか。
眼中にはライコネンしかないのか。
最近のコメントは、ポイントとライコネンのことばかり。

それにしても、K・ライコネンがんばった。
J-P・モントーヤがトップを走っていた時にスローダウン→リタイヤは
とても残念だったが、K・ライコネンが頑張ってくれたので
よかったのではないか。

佐藤琢磨の嬉しい初ポイント。
1点だが、大きな一歩。
私生活もめでたい!

次戦 第14戦 8月21日トルコGP

■獲得ポイント
佐藤琢磨…1(22位タイ)
B.A.R.HONDA…20(7位)
[PR]
by v_spec2-n1 | 2005-08-01 01:32 | Formula 1
7月30日 第13戦ハンガリーGP 予選
久しぶりに強烈な速さの赤いマシンを見た。
圧倒的強さ。
今までのシューマッハと何が違うのか。

それにしてもキミ・ライコネンは一番手の走行に関わらず
あの速さ。
燃料はどれくらい入っているのか。
今年のマクラーレンは本当に強い。

マクラーレン。ルノー。フェラーリ。
HONDAの勝利の道は果てしなく険しい。
ジェンソン・バトンも最近がんばっているが、難しい。

佐藤琢磨はまた、いや~なポジションからスタート。

今度こそ無事に走りきってほしい。

あぁ。寝れん!
[PR]
by v_spec2-n1 | 2005-07-31 03:02 | Formula 1
7月24日 第12戦 ドイツGP 決勝
序盤で佐藤琢磨がFウィングを落とすアクシデント。
G.フィジケラに突っ込んでしまったらしい。
やはり、何かあったと言うかついていない。
ここらへん解消されればもっと上を目指せるような気がするだけに
もったいないのか、何なのか。
結局12位。

最後尾からスタートして表彰台に上がったJ.モントーヤとはえらい違い。
今年のマクラーレンは安定性はともかく
マシンの状態はかなりよさそうだ。

M.シューマッハは、J.バトンに抜かれG.フィジケラに抜かれ…。
かなり苦労しているように見えた。
今年のフェラーリは何がいけないのか。
このような姿はあまり見たくない。
時折皇帝の技が光るが
このような状態でよく走っているとは思うが、コメントは頼りない。

何より一番言いたいのは実況。
名前を間違える回数が多すぎる。
なぜ毎回、アロンソとライコネンを間違えるのか…。
今日何てさらにモントーヤとアロンソを間違えた。
それから確認もせずに適当に名前を言うのもやめて欲しい。
実況するなら各選手の名前とかしっかり覚えてくるべき。
至る所でたたかれているのだから、プロらしい仕事をして欲しい。

佐藤琢磨はまたノーポイント…。
しかも今日は何か起こっているようにも思えた。
いったい何が起こっているのか。

テレビを見ているだけでは、情報が少ない。

次回、7月31日 第13戦 ハンガリーGP
[PR]
by v_spec2-n1 | 2005-07-25 01:51 | Formula 1
7月24日 第12戦 ドイツGP予選
今日から強烈に忙しいスケジュール。
夏の講習が始まるからだ。

と言う事で起きたら予選が始まっていた。
…今週はマジで睡眠不足だ。

佐藤琢磨がまたいや~なポジションにいる。
バトンは最近好調なのか盛り返してきている。
B.A.R.HONDAはこれからの巻き返しに期待できそう。

予選後の会見では、
K.ライコネン、J.バトン、F.アロンソの三人で
これからの時代を象徴するような何かを感じた。
そこに佐藤琢磨の姿がなかったことが残念でならないが。

J.モントーヤはいい感じだったのに、痛恨のミス。
何があったのか。

決勝がどうなるか、楽しみだ。
果たして、また寝不足になるのか…。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2005-07-24 20:00 | Formula 1
7月11日 第11戦 イギリスGP
先日、丸和に行っていた都合で
結局見れなかったF1。

ビデオでやっと見ることができた。
結果を見ないようにするのにどれだけ苦労した事か…。

K・ライコネンが2戦連続でエンジン交換…。
で、怒涛の走り。
あまりに速いので『わざと?』と思ってしまうくらい。

佐藤琢磨は今年も信じられないくらいの不運で
16位。
走り自体はよかったんじゃないかなと思う。
「チームに感謝」のコメントが複雑だった。
今回のグランプリは本当に忙しかったと思う。

G・フィジケラは、またもPITで
トラブル。
…。何か感じるものがある。
チーム全体でアロンソひいきなのか!?

佐藤琢磨、またもノーポイント。
あきらめないで少しでも順位を上げるために走る姿は良いのだが。

それにしても、今回の解説誰だったか。
途中、アロンソとライコネンを何度も間違えてくれて
見ているこっちもわけがわからなく…。
落ち着いて実況して欲しい。

次回 第12戦 ドイツGP 7月24日
[PR]
by v_spec2-n1 | 2005-07-11 22:44 | Formula 1
7月3日 第10戦 フランスGP
アロンソの独り舞台。
と言っていたが、キミ・ライコネンが本当にすごかった1戦。
エンジン交換により13番グリッドからのスタートにかかわらず
強烈な走りで2位。

さすが、『燃えるアイスマン』。
…。
『北欧のシンデレラ・ボーイ』とか…。
フジテレビはいつまでそんな愛称で呼び続けるのだろう。
本人はきっと嫌がる。

ルーベンス・バリチェロなんて
『史上最強の2番手』はともかく
『感動ブラジリアン』って。
他にもいっぱい変なのがいる。
いつからそんな愛称を勝手につけているのだろう。

話題がそれたが、
今日の佐藤琢磨は途中まで。
R・バリチェロをかわしたところや、トゥルーリを追いかけているところは
中嶋悟の走りを彷彿とさせるものがあった。

片山右京は『琢磨ライン』と言っていたが
かの中嶋悟もクリップを奥に取る走法をよくやっていた。
(なんだかんだで、みんなやってるけど)
本人は『トライアングル・ライン』と言っていたような…。

J・バトンは4位。
B.A.R.HONDAこれでやっと初ポイント。

次回第11戦  イギリスGP 7月10日
[PR]
by v_spec2-n1 | 2005-07-04 01:52 | Formula 1
7月3日 第10戦 フランスGP予選
結局今回も予選はニュースで…。
録画したので後で見ようと…。

で、佐藤琢磨が5位健闘!
走った順番は全然違うのにフェラーリ2台に挟まれる好位置。
R・バリチェロが走り終わった時の
B.A.R.陣営と琢磨の笑顔が印象的だった。

ポール・ポジションはやはりF・アロンソ。
J・トゥルーリはわずかに及ばず2位。

J・バトンは8位。
「このマシンでは最高の結果」のような事を言っていたが
真意はいったい?

B.A.R.HONDAは現在最下位…。
是非ともポイントを獲得して欲しい。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2005-07-03 20:15 | Formula 1
6月26日 レーシングドライバーの肺
元F1ドライバーのミカ・サロが
肺に多量のブレーキダストが蓄積しているという事がわかったらしい。

ミカ・サロは
94年にロータス・無限ホンダでF1GPデビュー。
95~96年にはティレル・ヤマハで片山右京と走っている。
97年はティレル・フォードで
(ティレルは98年にレイナードとBAT(現BAR)に買収されている)
99年にはBAR・スーパーテックからフェラーリに移籍
02年にはトヨタで走っている。

同じ名前のミカ・ハッキネンとは同じ町内の出身らしい。
仲はかなり悪いらしいが…。

モータースポーツの新たな懸念材料として
FIAも関心を示しているとか。

情報元はここ
F1-Live.com
[PR]
by v_spec2-n1 | 2005-06-26 16:11 | Formula 1
6月19日 第9戦 アメリカGP
波乱のインディアナポリス。
ミシュランタイヤ使用の7チームが棄権したレースは
意外にも普通に終わった。

確かにフェラーリをはじめとするBSユーザーに非はない。
ミシュランタイヤが悪いといえばそうなったと、そういう事だろう。
しかし、これでよかったのか。

最近レギュレーションがかなりの問題になっている。
これからまた議論が巻き起ころう。

モンテイロは初ポイント獲得で初表彰台。
かなり喜んでいるが、表彰式は超ブーイング。
かわいそうだ。
無事完走した6台に罪はない。

コース内に中身の入ったペットボトルを投げ込むシーンを
幾度となく見たが、それは怒りの矛先を向けるところを間違っている。

超ブーイングの中、一人大喜びのモンテイロがなんとも滑稽だが
ルーキーで表彰台。
喜んでいいと思う。
一人でシャンパン開けるのは
やはり、かなりかわいそうだ。

次回 第10戦 フランスGP 7月3日
ポイントがないのはB.A.R.HONDAのみ。
残念な結果だ。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2005-06-20 04:34 | Formula 1



 

GT-Rのある生活あれこれ
by Paul(v_spec2-n1)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Link List

・お気に入りリンク

PROFILE
■Paul
・神奈川県
・大学院生
・就職活動中

■BNR32
・H5年式V-spec
・ブーストアップ可能
(普段してない)
・見た目以外基本ノーマル

■CP22S
・H7年式セルボモード
・エンジン:F6A(キャブ)
・5MT
・ノーマル

※コメント投稿時のパスワードとは『削除キー』の事ですのでご自由に設定してください。
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

My HomePage

・CarlifeSupport
TrackBack

・GT-R



アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ