カテゴリ
全体
Blog
GT-R
CP22S
Formula 1
競馬
仕事
中学入試・理科
研究室・就職活動
TV番組・映画
以前の記事
2009年 10月
2007年 07月
2007年 06月
more...
最新のトラックバック
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
くちこみブログ集(くるま..
from くちこみブログ集(くるま)(..
車検の種類について
from 車検費用節約なび 車検費用を..
たまごっち
from トレンディーなキーワード
セルボモード CERVO..
from クルマ選び口コミ情報サイト:..
マレーシア
from 実践!アンカーポートで配当金..
感動したっ!
from Honda Racing ..
F1第2戦マレーシアGP..
from Blog Epsilon
検索


カテゴリ:中学入試・理科( 34 )
3月22日 緊急代講
今日は、学校へ行って
自分の机の周りを片付けようと…何とか昼に起きたが。
直後に電話がなった。

バイト先の本部からだった。
どうやら、緊急で代講が入ったらしい。
しかも大船。

迷ったが、最後と言うことで
たまにはいいだろうと。
行った事ない校舎だったし、と思って引き受けたけど
大船に着いてから、『来たことあるじゃん…』と脱力。

結局、すべての予定をキャンセルしてバイトに専念。
トップのクラスと言う事と、室長の代講という事と
さらに、予習なし…という不運が重なって緊張感すらある。

ちなみに、本部から電話をかけてきた先生は面識のある方で
「予習してないですけど」と言ったら
「大丈夫だと思います。」と即答。
よっぽど切羽詰っているんだろうなと…。

そんなこんなで、いつも厳しい授業をしているらしく
授業はしやすかった。
ちょっとテンション勘違いしている子も、注意一発でしっかりできるし。
地域によって子供の性質は違うが、いつもの授業がすばらしいのだろう。
やりやすかった。

是非、自分の持っていたコースをこれから受け持つ先生にも
こういう感じを受けてほしい…。

忙しい時期の貴重な一日は、こんな感じで終わろうとしている。
これから荷物をまとめて…というより、問題なのはごみだ。
どれを捨てればいいのか…。
思い切りが肝心。

片付けは…苦手だ。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2006-03-22 23:40 | 中学入試・理科
3月11日 今日も泣いた…
空気を読める子供と読めない子供。
先天的なものではないと思う。
が、どうしても6年生くらいだと女の子の方が大人だ。

今日は、女子コースで一人シバいた。
普段軽く注意しても笑っていて、警告を発しても動じない。
今回は、毎週積もり積もった物を清算すべく
最初から警告を発し続けていた。

気づいていた者もいた。
勘のいい子は、ナイスなタイミングでおとなしくなる。

が、幼いのか全くわかっていない…ブレーキの利かない子だった。
机が蹴られた瞬間、静止。
もしかしたら、そんな怒られ方はした事がないのかも。
完全に硬直して、目には涙が…。
と、女だからと言ってそこで許してしまっては同じ事を繰り返す。
黒板をたたきながら、怒鳴りつけた。
もう声も出ないようで、クチパクで謝罪していた。
『キコエネー!』と蹴ると、相当後悔した様子だったので
そろそろ潮時。
昨年は、そんな命知らずな奴は…いたな。
でも、これでいなくなるだろう。

来週はしっかりフォローしないと。
女の子だから、親にばれるとクレームが心配だったりする。
まぁ、クレームが来たとて何も譲るつもりはないが…。

授業後に、隣の席に座っていたがために
机を蹴られてえしまったかわいそうな生徒が
質問に来たので、謝っておいた。
さすがに、こっちからクレームが来たら、何も言い返せない。
散々ぶち切れた後だったが、『先生さよーならー』と笑顔で帰って行ったので
大丈夫であろう。

さて、来週はどうなるであろうか…。

とりあえず、室長が向いの教室で授業をしていたが
止めに入ってこなかったのでOKという事だろう。
(室長と同じコースを担当しているので、状況はわかってくれている物と信じる。)
[PR]
by v_spec2-n1 | 2006-03-11 23:11 | 中学入試・理科
3月10日 怒られない子供
最近の子は…。とかよく言われるが
子に問題があると言うことは、その子の家庭環境に問題があるはず。

金曜日は5年生。
宿題ノートを回収して、コメントを書く。
『字が読めません』と、書いてやる。
汚すぎ。雑すぎ。

すると、今日集めたところ、赤で書いた間違いなおしの跡が
やけにきれいな文字…つうか親ジャン!と。

で?
なぜ親の登場ですかと。
その子は先週泣かしかけたので、今週は泣かすわけには行かない。
親に文句をつけてやろうかとも思った。
男だしね、そうそう毎週泣いてたらいじめられてしまう。
泣かすなら…親か?

が、見逃すのは許せない。
戒めの意味もこめて、直接
『誰が書いたんですか?』と問うと母親が書いたと自白した。
(ここで密かにこの子の刑は軽くなった。)
『その間あなたは何をしていたんですか?』とリーチ的な質問をすると
ほかの宿題をやっていたと告白。
(この時でも刑は軽くなった。言っていることは信じよう。)

でも、許すわけにはいかないので
母親に直しをやらせるなんて意味のない事、3年生までにしろと警告。
次回から読めなかったら、もう見ないから。と言い残して
その日は誰も涙する事なく授業は終わった。
(あまり怒っていないのになぜか毎回泣いている奴がいる…。)

家に帰ってきて気がついた。
金曜は今日で最後!
来週、どんなことがあっても働きたくなったが、もう遅い。

ここの校舎はぬるいのでしっかり引き継いでもらおうと思う。
最近、家庭ではあまり怒られないと言う子供が多い。
怒れない先生もいる。

怒ることは悪いことではないと信じている。
(できれば怒りたくないが、それは子供のためとは思えない。)
実際、子供たちからは特に嫌われることもなく、評判もいい(と思う)。
親からは感謝の電話がかかってくるし…。
結局怒り方、というかわかってもらうことが大事で
わかってもらえれば、あとは自分でしっかりできるもんだと思う。
なぜ怒られたか、理解できれば次がある。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2006-03-10 23:08 | 中学入試・理科
3月4日 卒業生
土曜日は、去年一年間入っていた校舎なので
勝手がわかっているので良い。
精神的に楽なのだ。

先週、今週と、卒業生が会いに来てくれた。
女の子はわざわざ手紙をくれたり、アメをくれたり。
男の子はとりあえず話をしにきたと言う感じ。
いずれにしても、現6年生の激励に来ているので
教室に迎え入れて体験談を話してもらったりする。

それが、受験というモノを少しでもイメージできるようになればと。

それにしても、担当していた女子コースは結果的に
合格者が多かったため、訪問者も多い。
さらに、担当していたコースは女子コースが多かった事もあって
余計に自分に会いに来てくれるのも女の子が多い。

先生と生徒という関係が解消されれば
子供達も何か態度が変わる。
年齢や、名前を必死に聞いてきたり…。
他の先生は知らないが、自分は下の名前は教えていない。
呼び捨てにされるのが目に見えているので。
だから、誰も知らないと言う理由で子供達が必死に聞いてくるのだ。
今までは、授業に集中しろとか、そんなことを言って逃げていたが
今は子供達が優位になったような感覚で詰め寄ってくる。

正直、接し方が難しい。
男は結構話がわかってくれたりするので、圧倒的に楽。

今は男子コースが多いので、精神的には楽だ。
女子コースは難しい。

でも、過去問は圧倒的に女子コースの方が覚えてる。
どっちが楽なんだろう?
[PR]
by v_spec2-n1 | 2006-03-04 22:03 | 中学入試・理科
3月3日 空気の読めない子供達
自分自身に自信があるわけではないと、先に断っておくが。

2月から新たな校舎で勤務している。
同じ年代の子供達でも、校舎によって特色が違う。
金曜に行く校舎は5年生の担当だが、結構良い子達が多い気がする。
変にひねくれているのがいないと言うか、素直と言うか…。

ただ、どうしても許してはいけないと思う子供がいる。
それは、空気が読めないお子様だ。
具体的な事例を挙げるときりがないが、こっちが怒っているのに
笑って話しかけてくる命知らずなお子様とか、
とにかく自分の意思にストレートだ。

自分達の周りにもいないだろうか…。
子供はそれでもいいかもしれない(自分は許さないが。)
しかし、いい年になるとそれは迷惑でしかない。
大罪だ。
協調性にも支障をきたす場合がある。

これは、今のうちに矯正すべきではなかろうか。
それでいいんだと思ってしまうようなら、なす術がない。

今のうちに…その一心で、指導する。
さすがに、他の校舎ではモノを蹴る訳にいかないが
今日は危なかった。
だが、それで治るなら何でも蹴ろう。躊躇わない。
まずは、その子を知る事が大事。
残された時間で、見極めて…やっつけよう。

その子の将来の為に。

まずはターゲットを決める。
そして、どのような方法が効果的かを検討する。
実行に移す。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2006-03-03 21:53 | 中学入試・理科
2月17日 決意
最近、また働いている。
当初の予定では、レギュラー担当ではなく
代講中心シフトで、バイトを辞めるつもりだった。

しかし、既にレギュラー担当で働いている。

就活していると、よく言われたのは
『残りの学生生活は、今しか出来ないことをやっておけ!』
と言うものだった。

言っている本人や、周りの人間の多くは
海外旅行だとか、遊びに行こうとか…同じような事だった。
だが、海外旅行も遊びも、制限はつくかもしれないが
就職してからでもやる気次第で行くことは出来る筈。

自分にとって『今しか出来ないこと』とは、
子供達への授業、大学での実験…だった。
暗いと思われるかもしれないが、自分としては
今の仕事は熱心にやっているし、
実験もそれなりにこだわりを持ってやっている。
だから、最後までやろうと思った。

卒業旅行には行かない。

おそらく、一生授業することはないだろう。
今年の6年生の結果は、色々と考える事があった。
毎年そうだけど。
それはそれ。
今の新6年生(塾は2月で新学年)には関係ない。

2月から新しく行く事になった校舎では
他の新人の先生の指導目的で
板書案もその校舎の理科科講師の為に作っている。

去年まで担当していた校舎では
6年の一番上のコース。
有名な校舎だけに、気は抜けない。

この仕事には、完璧がない。
同じ授業と言うのは、二つとない。
同じ生徒も二人といない。
奥が深い。
出来ることなら、もう1年…とも思う。

『退き際の美学』

…とある有名な落語家が引退する時に残した言葉。
そんな言葉が頭をよぎる。

正直、辞めたくない。
初めて打ち明けるけど、そんな気持ちが最近出てきた
…というよりは実感してきている。というのが正しいか。

人生は1つ。
自分がもう一人いればと思う。
もう一人いるなら、更にもう一人いて欲しい。
他にもやりたい事がいっぱいある。

とにかく、そんなにやりたい事があるのに就職するわけだ。
中途半端な気持ちで働くわけにはいかない。
やるからには全力で。

言葉が足りないけど
これが決意。

意外に、どんな環境だったとしても『やってやる』という気持ちが強い。
ネガティブな気持ちになってるわけではない。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2006-02-17 23:38 | 中学入試・理科
2月5日 最後の大仕事
今日は、最後の激励だ。
結局5日間連続で女子校にしか行けなかった。

それより問題なのは、まだ進路が決まっていない生徒がいる事だった。
なぜか、合格の知らせがこない。
以前にも一度成績が落ち込んでしばらく挽回できなかったということもあり
これは…いやな流れだなーと。

何とかできないだろうかと考えて、他の講師の助言を元に
本当はやってはならない事だし、自分の性格を考えても
すべきではない事をした。

一人一人に手紙を書いた。

おかげで今日は2時間しか寝ていない。
それでも朝はばっちり目が覚めた。
激励隊長だったので、旗を持って行かねばならなかったこともあり
会場には一番乗りで行った。
やるからには…という気持ちがあった。

正直、寸前まで若干の迷いがあったが
目的の人全員に渡すことができた。
他の先生も、黙認してくれた。
幸運なことに、他の校舎から駆けつけた先生は全員知っている人で
しかもほとんど、昨年度同じ校舎で一年間勤務した先生だった。

親にも軽く挨拶をして、頑張ってくれと伝えた。

できる事は、本当にもうない。
試験中、中学校のカフェでサンドイッチとコーヒーをいただいた。
しばし休憩のあと、家に帰った。

ここからは気持ちを切り替えて、修士論文を仕上げなければならない。
学校に行って、夜に塾の校舎に顔を出した。
今日の報告と、何か新しい情報は入ってきていないかという事で。

結局有力な情報は得ることができず(まだ結果が出ていないとか)
学校に戻って、論文を書く。
明日が締め切りなので、一睡もしている余裕はない。

怒涛の5日間は長いようで短かった。
というか、睡眠時間が一番短い。
提出したらまず寝よう。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2006-02-05 23:18 | 中学入試・理科
2月4日 ラストスパート
今日の激励は、よかった。
少し校長先生と話ができた。

カイロとコーヒーをいただいた。
なんともうれしい配慮。

本当は校舎の中に入って激励していいといわれていたのだが、
それでは、中学生の邪魔になってしまいかねないし
そこまで甘えるわけにはいかないと。
(今日は風が少し強く、気温も低くて大変だったが。)

とりあえず、昨日から少々体調に異変が…。
寒気がする事と、立ち眩みも感じるし
そもそも若干ふらつく。

これはまずいなーと思い、早めに寝て激励に行ったわけだが。
きつかった。

激励のあと、中学校の中で少しあったまってきたので
長居しないで、そそくさと帰った。

家に着いて…結局学校に行って…。
でも今日は18時前に帰ってきた。
疲れをためないためにと思ったのだが…だめらしい。
塾の校舎に行くと…やっぱりだめな流れにのめり込んでいる生徒がいるらしい。
明日で、一区切りついてしまう。
明日で何とかしてもらわねば…何とかならないものか。

とりあえず、激励に行くところを迷いながら
遠い男子校。
近い女子校。
本当は一回くらい男子校に行きたかったのだが、
人数と時間的制限(修士論文が優先)のため近い女子校を選択。

明日に備える。
まだまだ寝れる気配はない。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2006-02-04 22:59 | 中学入試・理科
2月3日 今日はさすがに休憩
今日の激励は、家から自転車でいける距離だった。
なので、6時ちょっと前くらいに起きてゆっくり準備。

朝から自転車で山に登り、激励を終えて家に帰る。

帰りは、強烈な下り坂。
鬼のように寒くて手が震える…。
油断したら転ぶだろうな…。と考えながら…。

家があまりにも近いので、帰ると布団にはまだわずかなぬくもりが…。

ということで仮眠。
昼過ぎに起きたけど、結局夕方まで寝る事に。

今日は家出できる事に集中して、夜は塾の校舎に向かう。

聞けば、やっぱりアツイ生徒たちが多くて凹む。
あんなに頑張っていたのに、なぜだめなのか。

とりあえず、明日も女子校に決定。
明日は、自分が女だったら行きたいとすら思う、印象の良い学校。
本来なら楽しみのような気もするが、それどころではない。

さて、自分も頑張らねばならないが、子供たちも…何とか頑張ってくれ。と思う。

昨日、面談した生徒に電話をかけてみたが、特に気にしている様子はなかった。
緊張している様子もなく、奇跡でもいいから…と思ったけど
やっぱりだめだったようだ。

ショックが大きい。

良いニュースも結構あるが、悪いニュースも多くて
残念なことに手放しに喜べない。
些細なことに一喜一憂している…のめり込んでいるなと自覚した。

悪くないにしても、自分としてはよくない兆候。
今年限りだからだろうなと、思っておく。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2006-02-03 22:45 | 中学入試・理科
2月2日 今日も激励

去年は中学校のすぐ近くにGT-Rを停めたけど、今年はそんな事しないよ。今日は4時に起きて色々準備をして家を出た。
行き先は神保町の女子高。

大学に車を置いて、そこから電車で向かう。
あまり土地勘がない所なので、
交番の横にあった案内マップを見る。

自分の持っている地図と照らし合わせていると、
交番に戻ってきたお巡りに声をかけられた。
徹夜明けで、疲れた顔をしていただろうし
6時にきょろきょろ歩いていたら…怪しいだろうな。

お巡りさんに道を聞いて、無事到着。

まだ、1日の結果がわかっていない人が多いので
全員にガンバレと、気合を入れる。
こういう時は、女の子の方がしっかりしているのが多い。
緊張してるといっても、ガチガチになったり…というのは少ない。

それでも『緊張してる?』って聞いたら、
ある女の子が『はいっ、とても緊張しています!』と
笑顔で応えてくれた…。
大丈夫かな・・??と思ったけど、
少ししゃべったら、少しは落ち着いてくれたかな??

そんなこんなで、今日も無事に激励終了。

夜は、校舎で確認してきた。
明日は、家から超近いところ。
ただし、人数が多くて…おまけに結果が出ていないのが多い…。
責任重大だ…。

今日は少しだけ寝れるな。
修士論文も一度先生に提出したし。
4時間はいけるだろう。
そうと決まれば、さっさと寝よう。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2006-02-02 23:58 | 中学入試・理科



 

GT-Rのある生活あれこれ
by Paul(v_spec2-n1)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Link List

・お気に入りリンク

PROFILE
■Paul
・神奈川県
・大学院生
・就職活動中

■BNR32
・H5年式V-spec
・ブーストアップ可能
(普段してない)
・見た目以外基本ノーマル

■CP22S
・H7年式セルボモード
・エンジン:F6A(キャブ)
・5MT
・ノーマル

※コメント投稿時のパスワードとは『削除キー』の事ですのでご自由に設定してください。
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

My HomePage

・CarlifeSupport
TrackBack

・GT-R



アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ