カテゴリ
全体
Blog
GT-R
CP22S
Formula 1
競馬
仕事
中学入試・理科
研究室・就職活動
TV番組・映画
以前の記事
2009年 10月
2007年 07月
2007年 06月
more...
最新のトラックバック
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
くちこみブログ集(くるま..
from くちこみブログ集(くるま)(..
車検の種類について
from 車検費用節約なび 車検費用を..
たまごっち
from トレンディーなキーワード
セルボモード CERVO..
from クルマ選び口コミ情報サイト:..
マレーシア
from 実践!アンカーポートで配当金..
感動したっ!
from Honda Racing ..
F1第2戦マレーシアGP..
from Blog Epsilon
検索


カテゴリ:競馬( 9 )
4月8日 ウマ堪能

桜花賞。阪神競馬場は初めて来た。第67回桜花賞。
阪神競馬場まで。

今回から新しくなったコースを見に行った。
昼くらいに到着したものの
いい場所をゲットできた。

やっぱ生で見る競馬はいい。
しかも、今日の桜花賞のレースは見ごたえ十分。
相当感動した。


かなりアクティブに動いて疲れた週末だけど
最終的に金が増えたから申し分なし。

競馬熱が再び…。

桜花賞は独特の雰囲気
[PR]
by v_spec2-n1 | 2007-04-08 23:51 | 競馬
10月21日 スワン、円形、菊、つまりは淀

初めての円形パドックの印象は「写真撮りにくいなぁ…。」京都の舞台に初登場。
菊花賞前日と言う事もあり
土曜競馬と言えど
結構な盛り上がり。

個人的には土曜の
競馬場の雰囲気は
とても落ち着く。

自分のペースでパドックと
コースと馬券売り場とを
ローテーションできる。

比較的写真を撮るのにも
苦労はしない。

お目当てのジョッキーの写真
馬の写真。
自由自在だ。

初めての円形パドック。(写真撮りにくい。)
夢にまで見た京都の4コーナー。(外回り)
悲劇の3コーナー…。(ライスシャワー…涙)
スワンのゴール板。
コース内の大きな池。
そして白鳥。

テレビで見た事ある場所や
テレビには決して映ることのない場所。

そして、独特の競馬場の雰囲気。
馬のツヤ。吐く息。
金具の音…。

やっぱり競馬場はいい。
初めて買った三連単も当たったし…。

これを機にまた、写真を撮りに競馬場へ行く機会を増やそうと思う。
追いかけていた馬も今や親世代。

時の流れを感じつつ、親の姿を重ねてみるもよし。
似ている部分を探すもまた一興。

競馬用にフィルムを買おうかな。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2006-10-21 23:15 | 競馬
5月15日 春のGⅠ
競馬がアツい時期を迎えているのに
何も情報が入ってこない。

テレビ見る暇がない…。そしてネットも…。

仕方がないのか。。。。
住んでいるところから考えれば、
頑張ったらいろんな競馬場に行くことができるのに…。
関西の競馬場に進出するチャンスもあるのだが…。

なかなか腰が重い。
久しぶりに、競走馬の写真を撮りに行きたいんだけど
なかなか…。

ディープインパクトは今年も調子いいらしい…。

でも、今年のクラシックの注目馬は??
とりあえず、何もわからないのでは面白くないな。
新聞でも買って職場で読んでいようかな。

ネットで馬券を買うのもいいけど
できれば、馬券よりも写真なんだよなーっと。
思いながら、最近のフィルムの値上がりについて考えてみる。

デジカメがあるといいかも。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2006-05-15 23:58 | 競馬
10月30日 第132回 天皇賞・秋

がっくり…っていうように見えるね。昨年の年度代表馬ゼンノロブロイ。
連覇がかかった秋の天皇賞。
というより、2年連続
秋のG1完全制覇がかかっていた。

結果は初戦から落とした。

直線残り200m、ダンスインザムードが
トップを走る。
ずっといい位置につけていたので
このまま…と思ったが
わずかに出足が一瞬遅れてしまったのが響いたか。

そこをかわしたのがゼンノロブロイ。
ただ、バランスオブゲームとアサクサデンエンの
わずかのすき間を割って何とか出てきた時点で
やっぱり消耗していたんだと思う。

強烈な脚を使ったヘヴンリーロマンスが差し切り、勝利を持っていった。
ゼンノロブロイは完全燃焼した感じ。苦しそうだった。
横山典弘も燃え尽きていた…。

1着ヘヴンリーロマンス
2着ゼンノロブロイ      (アタマ)
3着ダンスインザムード   (クビ)

新女帝の誕生で盛り上がった天皇賞・秋。
牝馬が勝ったのはエアグルーブ以来、実に8年ぶりになる。
これだけの接戦を制したヘヴンリーロマンス。
松永幹夫は天皇賞秋初制覇。
次戦はJCも視野に入れているという。

まさか、天皇賞・秋、JC、有馬記念…。

なんてことがあれば、歴史に名が残る。
今年の年度代表馬が決まらない!

ただし、ディープインパクトが有馬記念に出馬する事を決めたらしい。

さて、どうなる事か…。

天皇陛下もこんな接戦が見れてよかったね。

■写真
日刊スポーツ31日朝の記事から引用。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2005-10-30 23:43 | 競馬
10月23日 天翔る!ディープインパクト

史上二頭目!京都競馬場には実に13万人もの
競馬ファンや
そうでない人達が集まった。

ディープインパクトを一目見ようと。

スーパー競馬は
一時間半の拡大版だったが
その内容の7割はディープインパクト、2割は菊花賞、残りはその他のレース。
という異様な光景だった。

誰もが口を開けば「ディープインパクト」

レースが始まる頃には単勝オッズ1.0倍に!
レースでは、今回始めて(?)とも言える位ゲートが上手くいった。
その反面かかり気味で、鞍上の武豊は抑えるのに必死そうだった。
それでも2周目に入ると急に落ち着きを取り戻し、いつもの展開に。

600Mをきったくらいで徐々に前を意識し始める…。

直線に入ると…NOSでも使ったか!位の加速で
一気に先頭に!!
一瞬アドマイヤジャパンに届かない?と思ったか思わないかで
勘違いであると認識させられた。
横山典弘も悪くはなかった。
いや、よく乗っていた。

それ以上にディープインパクトと武豊のコンビが強すぎた。

三冠達成!
記念すべきその瞬間に居合わせた13万人の人は幸せだったろう。
武豊は、その昔(坊主頭だった。)
岡部幸雄がシンボリルドルフの上でそうしたように
ディープインパクトの上で三本の指を掲げた。

次のレースは全くの白紙だそうで。
JCか有馬記念かという噂だ。
勝てそうだから怖い。

===========================================
■武豊のコメント
 「スタートは五分で出て、デビュー以来最高のスタートが切れた。ただ、行き過ぎないようにと我慢させたが、きょうはかなり行きたがりましたね。1周半の競馬は初めての経験で、賢い馬だから最初の3、4コーナーでもうゴールが来たのだと勘違いしたのでしょうね。1周目は、とにかくゆっくり走ってくれと思いました。きっと途中で落ち着いて走ってくれるだろうと信じて馬群の内に入れましたが、2周目に入ると、いい感じでリラックスしてくれました。3コーナーの坂もいい感じでしたね。ゴーサインは600メートルを過ぎたあたり。550メートルくらいかな。また“飛びました”ね。あとは、もうゴールめがけて走ってもらうだけでした。
 1頭の馬で三冠を取れたのは当然初めてで、いつかこんな馬に乗れたらといつも思っていた。その夢がかなってうれしいです」
===========================================
記事、写真はスポーツナビより引用。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2005-10-24 15:23 | 競馬
10月22日 第66回菊花賞

期待大!日曜日は菊花賞。
今年は無配の三冠馬が誕生するか
と言う大事な年だ。

ディープインパクト

映画のタイトルのようだが、馬。
それも変な馬。
東京優駿で度肝を抜かれたのもそうだが
ゲート下手。気性荒い。
出遅れが激しくて、一番後ろだったりしても
ゴールはぶっちぎり。
鞭不要。

今回は2着3着を当てる競馬になりそう。
もしくは、ディープインパクトを外してみる波乱の予想か。
初めての3000Mはどんなレースになるかというのが見所。

個人的には血統が面白い。
レットバトラー。父:サンデーサイレンス、母父:ノーザンテースト
ダビスタなどをはじめとする競馬のゲームでは人気の血統だろう。
注目すべきは…

懐かしい顔ぶれ。
年配の競馬ファンは昔からこういう楽しみを知っていたのだろう。
競馬は始めてから、何年もたった時にまた新しい楽しみが出来る。
昔やっていた頃の馬は既に種牡馬。

時の流れを競馬で感じる。
血統に一層の注目を。

秋のG1戦線が始まれば年末まであっという間。
今年はいい年だったと
有馬記念で言いたい。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2005-10-22 02:10 | 競馬
7月4日 シーザリオ
3日にアメリカのハリウッドパーク競馬場にて開催された
芝2000メートル、オークス(GⅠ) に
日本のオークス馬シーザリオが出走。
見事勝利を収めた。

鞍上は福永祐一騎手。
日米オークス制覇と言う快挙を成し遂げた。

シーザリオの父はあのスペシャルウィーク。
98年に武豊とともにダービーを制した、勝率6割近い
強烈な馬だ。
連帯率は実に8割を超える。

過去ログ(優駿牝馬)

今年の福永祐一騎手はかなりすごい!
[PR]
by v_spec2-n1 | 2005-07-04 23:04 | 競馬
5月29日 第72回東京優駿

東京競馬場の風景今日はダービー。
数年前までは前日は寝るのが遅く
当日は早朝から東京競馬場にいた日。

しばらく競馬も見ていなかったが
最近又競馬熱が再燃しかけている。

そして、今日はやはり武豊騎乗のディープインパクトが気になっていた。
『慎重に』といっていた武豊の発言はなんとも頼もしいもので
発走前からゴールまで見ていて負ける気が全くしなかった。
これば珍しい事だ。

で、府中の直線に差し掛かったとき。
神がかり的な足で圧倒。
テレビの前でひっくり返りそうになった。

しばらく見ていないうちに競馬とは
こんなにも熱いものだったかと
改めて思い知った。

おもしろい!

是非とも年内に…
いや、東京(正確には神奈川)にいるうちに
東京開催の時に競馬場に行こう。
せっかくすぐ近くに住んでいるのだし。

年末はいけるかな。
忙しいかな?
[PR]
by v_spec2-n1 | 2005-05-29 16:46 | 競馬
5月22日 優駿牝馬!

東京競馬場第66回優駿牝馬(オークス)
起きてテレビをつけると
何やらパドックが…。

今日はオークスかぁと思いながら
久しぶりに競馬を見ていた。
競馬は元々スキなのでパドックを見るとついつい
毛並みや筋肉、馬の様子を探ってしまう。
そこで気に入ったのは、武豊騎乗のエアメサイア。
寝ぼけながら、なんとなくそのままエアメサイアを追う事に。
それと一番人気のシーザリオ。

スタート直後誰もハナを取らなかったところ
武幸四郎がハナを奪って逃走。
捨てたか?と一瞬思ったが4着。
結構上手だった。
出遅れたのはシーザリオ。
あぁ、終わったな。
と思っていた。
エアメサイアはまずまずのポジション取り。

最後の直線になってもすぐにシーザリオの道は開けなかった。
それでも長い直線。
ぐんぐん伸びて先にダッシュをかけていたエアメサイアもかわして
首差で1着。

強すぎる!

エアメサイアもいい走りで
実はかなりすごかったのに!
久しぶりに見た競馬。
鳥肌が立った。
鞍上の福永祐一騎手はいつの間にか頼もしくなっていた。
実は今年G1 なんと4勝。

うーん。コメントは相変わらず謙虚。
ライバルはラインクラフト?
もしかして競馬から目が離せない??
3歳牝馬が熱い。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2005-05-22 19:45 | 競馬



 

GT-Rのある生活あれこれ
by Paul(v_spec2-n1)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Link List

・お気に入りリンク

PROFILE
■Paul
・神奈川県
・大学院生
・就職活動中

■BNR32
・H5年式V-spec
・ブーストアップ可能
(普段してない)
・見た目以外基本ノーマル

■CP22S
・H7年式セルボモード
・エンジン:F6A(キャブ)
・5MT
・ノーマル

※コメント投稿時のパスワードとは『削除キー』の事ですのでご自由に設定してください。
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

My HomePage

・CarlifeSupport
TrackBack

・GT-R



アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ