カテゴリ
全体
Blog
GT-R
CP22S
Formula 1
競馬
仕事
中学入試・理科
研究室・就職活動
TV番組・映画
以前の記事
2009年 10月
2007年 07月
2007年 06月
more...
最新のトラックバック
スマター
from けめち
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
くちこみブログ集(くるま..
from くちこみブログ集(くるま)(..
車検の種類について
from 車検費用節約なび 車検費用を..
たまごっち
from トレンディーなキーワード
セルボモード CERVO..
from クルマ選び口コミ情報サイト:..
マレーシア
from 実践!アンカーポートで配当金..
感動したっ!
from Honda Racing ..
F1第2戦マレーシアGP..
from Blog Epsilon
検索


<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧
11月26日 182286 走行性能大幅アップ!
今回の車検で、ブレーキキャリパー4輪ともオーバーホールし、
さらに、ブレーキローター研磨。
フロントパッド新品。
アライメント修正。
オイル関係総交換。

などなどのメニューで相当リフレッシュした感じ。

実際に走行してみてどうかと。。。
の前にブレーキパッドのあたりが付いていないので
始めは非常に効きが悪い。
踏んだ瞬間本能的に踏み足す感じ。

東京滋賀間であたりも付いてきて
安心感が出たところで、ちょっとだけ高速域でのフィーリングをお試し。

なんと、ジャダー(ブレーキを踏んだときの振動)が全く感じられず。
しかも走行中ハンドルのぶれも大幅に軽減。
(もともとたいしたレベルではなかったのに。)
全く気にならないレベルに!

キャリパーオーバーホールによって
燃費がアップしたかどうかも必見。

滋賀までの道のり、とても気分がよかった。。。
アライメント修正はブレーキを踏んだ状態で行う。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2006-11-26 22:25 | GT-R
11月25日 スカイラインの魂

大和魂というより、日産の魂を感じた。再び大手町へ。
車検を任せている日産まで行くのに
乗り換えるので好都合。

アンケートに答えているうちに
店の前にスカイラインが到着していた。
鍵を渡された瞬間、感じるものがあった。
なんだったのかわからないが、印象に残っている。

いざ。 
実際に乗ってみて感じて欲しいところだけど、
内装の感じは完全に高級志向。
よりLuxuryにShiftした感じ。

では、走りはどうかと。
価格帯は然程換わらないにしてもスペック上は飛躍的(?)にUPしている。
はず。
東京駅前を走ってみて、ポテンシャルは存分に感じる事ができたが
そのうちの何パーセントを引き出したと言うのか。
結局、未知な部分が多く逆に惹かれた。

まず、8割が新開発と謳ったエンジンは音がよい。
最近の高級車は何も聞こえないけど、
回す程に良い意味で響く。
スイッチ周りに若干の不安はあるものの、運転は楽しめる。
パドルシフトも扱いやすい。
慣れていなくても十分に扱える。
軽やかな加速に加えて、操舵性が意外に良い。
足回りも乗り心地を確保している。

後席が広いのも特筆すべきところ。
家族を忘れないスカイラインだ。
過去の教訓が活きている。

大きく変わったV35からまた変化したデザイン。
北米仕様という言葉がピッタシ。
日本での販売は割り切り方向なのだろうか。
それを受け入れる事ができれば買っても後悔しないだろう。
クーペはセダンとまたガラリと変えてくるはずだ。
(V35もかなりこだわりを見せてくれたし。)

日産は大人のスポーツを提唱している。
絶対に運転の楽しさを疎かにはしていない!

そして、色と音に対する拘りも忘れてはならない。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2006-11-25 23:44 | Blog
11月24日 181699 R32、V36
今日は有給を使って東京へ。
といっても木曜の夜中に出発。朝方には都内にいた。

朝一で日産に到着してすぐに車検の商談。
具体的なメニューは事前に話していたので
減車確認といったところ。
その間に、お勧めパーツなど情報収集。

今回もいいものが手に入りそうで、どうやら工場長のDIYも期待できそう。
今までちょくちょく工場長のお手製パーツが織り込まれてきたが
今回は超大作の予感。

詳細は入手後。

で、写真はその後に大手町の日産ショールームにて
カルソニックスカイライン展示との情報を入手し、
事前に電話を入れてもらって訪問。
ついでにV36に試乗を試みるも生憎車両が不在…。
しかしながら、主任の計らいで試乗者特典をゲット。

結局試乗をあきらめる事ができず、明日の予約を依頼。
新型スカイライン…。
本などで事前に情報は入手済み。
後は実際に体験するのみ。
はたして、見るからに北米仕様となったスカイラインは
大和魂が宿っているのか。。。

最重要事項だ。
伝説級の代物。道行く人が釘付け!チャリのおやじも!
[PR]
by v_spec2-n1 | 2006-11-24 23:28 | GT-R
11月19日 一瞬で散る。
自分たちが好きな車は時に全てを奪う。
自分たちが作っている車が人の平穏を奪う。

それらから目を背けては何にもならない。

わかってはいるけど、いざとなったら
覚悟する時間を与えてはくれない。
予告などない。何もない。何も残らない。
昨日まで元気に走っていた。
不調も見当たらない程度のよい車だった。

全ては過去形。
再起不能であることは誰の目にも明らかだった。
…絶句。
ステアリングがゆがんでいる。。。
筆舌に尽くしがたい状況に
思わず本人の無許可で画像を貼り付けてしまった。

別に暴走していたわけではない。
誰もが予想していなかった結果だが
それは同時に誰にでも起こりうる事で、自分のみに降りかからない理由はない。

仕方のないこと…とも思えず。

複雑な心境の中、上の住人は奇跡の生還を遂げたものの
やはりショックの色は隠せずにいた。

とりあえず、時間がたって気持ちの整理がついた今
使えそうな部品を取り外して、事故処理の費用や病院代
また、いずれ買う事になるであろう車の費用にと売る準備を始めた。

けが人:ドライバー一人軽傷。(同乗者なし)
車:フロント周り全損
事故原因:ハイドロプレーニング現象。(本人談)

雨の日のドライビングは要注意。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2006-11-19 23:58 | GT-R
11月18日 京都。紅葉。GT-R。
33は人気がないけど、一つの究極系と信じて疑わない。
時季的に京都はいい感じになっている。
そんな気がして軽い観光を企画。

嵐山…『らんざん』ではなく『あらしやま』と読むらしい。

紅葉もよかったが、ここは竹が有名のようだ。
竹ショップで卓上竹箒を購入。
使っていくうちにほころんだりしても切って端をそろえて使うとか。
ある程度短くなれば硬さが窓のサッシを掃除するのにちょうどよくなるとの事。
『生きた道具』って感じがして気に入った。
そこの店員は、ほこりとか良い感じで取れると言っていた。

写真は路駐していたGT-R(BCNR33)。
個人的に33は相当好きで、感慨深い車種。
車との付き合い方を一変させてくれた一台だ。

暗くなってくると小雨が振り出したが
清水寺に行きたかった事もあり雨天決行。
清水寺の夜景を堪能する。
そこで、陶芸展に出会い
清水焼なるものに興味が引かれる。
前々から欲しいと思っていたお猪口を…。
と思ったらちょうどよいものをゲット。

沖縄で買ってきたお高い泡盛。こいつは焼酎史上最高の一品だ。たまにしか飲まない酒だけど、
雰囲気はある程度出したい。

使う前にぬるま湯に浸して
しっかりしみ込ませるのがいいらしい。
シミやカビの原因になる為
使用後はよく乾燥させてからしまうとの事。
これも「生きた」感じがする一品。

無機質な世の中、こういうモノに興味惹かれる。
考え方によってはどうにでもなる事だけど。
たまには良いかなと…。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2006-11-18 23:06 | Blog
11月15日 最近の仕事
今更ながら、散々苦しめられていた残業規制。
10月から、緩和されている。
と言うのも、業務が増えているので
ボスに直談判してみたのだ。

すると、新人は残業させるな!という規制はもちろん
全体での平均残業時間も無視していい事になった。
ただしその場合は報告書など成果を上げる事が重要で
それは現状では難しい。

とにかく、10月から今までの倍以上の残業をしている。
それでも時間は足りないがきりがないので
その中で終わらせるよう時間調整している。
まずは綿密な計画を…と思っても。
邪魔をする人間と言うのは必ずいるもので
なかなか予定通りには行かない。


今やっている輸出車の欧州法規認証適合試験は
常にギリギリの状態を保って進行中。
上司への報告がいつも相談交じりになっている。

最近はブレーキ試験のうち、ハイスピードテストの
車速が出ないので困っていた。
(機密車の為、余計な外装が多くて遅くなっている。)
そこで。。。

1.ターボ提案
2.クロスミッション提案
3.ハイコンプ提案
4.触媒ストレート提案
5.ECUチューン

怒られるのを覚悟でどれも実際に提案してみた。
ちなみに現場で人気があったのは3番。
逆に不人気だったのは4番。
そんなに効果ないってダメだしもされた。

ちなみに2、5番が一番現実的でエンジン屋に問い合わせもしてみた。
エンジン担当と電話で熱い議論が…。
空気抵抗や、車高下げるとか、結構面白かった。

何気に、試験で不具合が合った時の対応を議論している時って結構楽しい。
こないだも試験うまくいかなくて他部署に新タイヤ発注したし。
(もちろんタイヤが悪いって証明して見せた。)

今の自分の教育担当は余裕度ゼロだから放っておかれていて
その代わり直接ボスに相談しながら好き勝手やらせてもらっている。
やりやすい。
まぁ、彼がよく失敗をするのでその度に手伝う事になるのだが…。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2006-11-15 23:29 | 仕事
11月13日 自信を持って仕事と言えるか
自分たちは車を開発する。
彼らは映像作品を開発している。

大げさに言えば創造主…。

と言ってみたら大げさすぎるし、それは違う。

とにかく作品を作り上げる意味で広く考えると同業者とも思える。
これはスタッフの一人が自分たちに共感が持てると言っていた事に由来する。

少人数が故に、担当の幅が広い。
これは自分たちのグループに当てはまる。
大変な分、決定権のような物がついてくる。
いい意味で捉えれば、拘る事ができる。

自分が今の現状に不満を感じているところは
大学研究室と違って、利益があって初めて話が進むところに起因する。
各社余裕がない為、投資見たいな考えは切り捨て傾向。
目先に利益に目がくらんでいるようにも思える。
(先行開発は切り捨てられていないが、人材教育は結構削減気味)

飽くまで末端の一社員からの視点で
見えている物など氷山の一角すら及ばないとも理解している。
(それすらも想像でしかないから、現状では何もかもが足りないと思う。)

とにかく現状は…
--------------------------
ある車種を作ろう。
時間はこないだの半分で。
じゃぁ、こないだのブレーキを流用して終了しよう。
時間半分。目標達成。
--------------------------
これは一例。
酷く言うとこんな感じ。
当然車体とブレーキのマッチングのみがこの車種の「開発」と言える。
言える?

時間が無いなら、考える時間を確保して
最低限できる努力をして欲しい。
ここで具体的に論じても無意味だけど、拘れる環境にあるはずで
現実とのギャップが苦しい。

最近任される仕事が多くなりすぎているので、一つ一つじっくりこなしていく。
『かまへんかまへん』
これが一番よく言われること。
かまわないならそこは自由にやらしてもらおうと、
新人だから時間が掛かるんだと、解釈している。

絶対になぁなぁにして仕事とは言いたくない。

現場とうまくやる事が成功の近道と見つけたり。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2006-11-13 23:32 | 仕事
11月12日 そしてカメラはうそをつく
カメラはうそをつく

これは現場監督の名言だ。
映像は工夫ひとつで如何様にも表現できるのだと言う事を
言いたいのだろうと解釈したけど
結局写真も似たようなもので、撮る人のセンスや感情
想いが重要な要素となってにじみ出てくる。
これは想像や考えではなく実感。

だから難しいのだろうと。

自由時間は…相変わらずないが
自分が撮影ではない時は
その場から動かなければある意味自由。
写真についてスタッフを見ながら考えていた。

結局、何箇所か回って
どれもこれもあわただしい日程で
最後に空港でインタビュー撮影して全日程終了。
最終的に自由時間は空港でのお土産を買う15分のみだった…。

限られた中での自由を少しでも満喫しようと努力した。
そこには学生の為などという考えは微塵も存在していない。
しかし、説明会では今回撮影した物が社会人の何たるか、
また、この会社とは…などと理念を語るわけで
それを見た学生はこのような状況を想像するわけもない。

複雑な心境の中、
帰りの飛行機が遅れて特急に乗り遅れた。

特急券で快速に乗るオチでは締めくくりたくなかった。
カメラの方向には…。
この状況に何を見出すか。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2006-11-12 23:59 | 仕事
11.11 OKINAWA prison
パンフの撮影に続き
今回はVTR出演。

早朝から特急「はるか」に乗り込み
関西国際空港へ。

行き先は沖縄。
服装:『リゾートイメージ』(だらしない格好は厳禁)
というふざけた事を言っていたので無視。
革靴で赴いた。
だらしあるリゾート風の格好ってなんだ?
ネクタイ締めて行かなかっただけありがたく思って欲しい。

で、特急、飛行機と寝続けて
気がつけば沖縄。
さらに撮影スタッフはビデオを回している…。
緊張すんだろと思いそうだったけど、眠くて関係ない。

初日の撮影は…。
天候不順(曇り)の為断念。
ってそれじゃキツキツのスケジュール消化できないので
ホテルでインタビュー取材。
カメラの前でインタビューに答える。
意外に緊張。
その後は、声のみ。
なんか読まされた。
声優になった気分。も一瞬で終わったけど。

そんなこんなで、22時を回ったので
食事に…ってこの間口にしたのは移動中の車内で食べた
2つのおにぎりのみ。

食事…。もちろん食いまくる。
飲みまくる。
マンゴーを始めとするトロピカルジュースを片っ端から
そんでもって泡盛を。。。

その後はホテルで飲みなおし。
カメラを回しながら使い方を教わる。
スタッフの方々からはかなりためになるお話を聞けた。

そこで、ぶっちゃけトークみたいな感じになって
ここぞとばかりに会社の腐ったところ、採用部のあほさ加減を
極めてソフトに且つ的確に指摘して
最終的に採用部の人間二人に二回も土下座をさせた。

今は酒の席という事で我慢しておく。
いずれは直接部長クラスに物申すつもりでいるけど
そのためにはまだまだ足りないものが多すぎる。

時期早々って事じゃなくて、
意見するにはそれなりに力が必要で
グチと不満とをもっとしっかり線引きできないとダメだ。
視点を変えれば似たり寄ったりで、遠吠えにしか聞こえなかったりする。

しっかり立場を確立して挑みたい。
まだまだまだまだ時間が掛かるけど
ただじゃおかない。

まずは沖縄での自由時間が欲しい。
外に出たい。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2006-11-11 22:24 | 仕事
11月5日 体力と筋力と精神力と

名前はけしちゃった。初めは3kmでも吐きそうになってた…。
長年のブランクは強敵だった。

スタート前、
「死ぬ気で20km走りきるのが目標」
と言う程自信はなかった。
が、実際問題20kmなんて現役のとき以来…。

実際、スタート3kmで結構しんどい。
10km到達前に歩いてしまったらそのまま死のう。
こう、自分に言い聞かせて走った。
ペースは5分/kmで。
幸い、昔取った杵柄と言う事か
ペースの感覚は意外に正確。
周りのペースに乱される事なく、自分のペースを調整できる。

山岳コースなので、勾配で少しペースを変動させて
10km地点を48分で通過。
ただ、12km地点で膝が痛み出した…。
限界か…と頭をよぎるも、根性で走る。

15kmくらいで千葉真子さんと世間トーク。
彼女はプロだし、ハーフだから余裕だ。
しゃべりながら走った事で限界到達。

辛くも20km1時間45分で通過。
強烈な上り坂を歩いてしまった事が遅れの原因。
後は気力のみ。
体力はゼロ。
腹筋、背筋ともに爆発しそうな感じ。
上体を起こしている事が既に苦痛。
足も上がらなくなってくる。
曲がらなくなってくる。

歩こうにも、歩けない…肉体の限界が来たのが34km地点。
時計を見ると歩いたらタイムオーバー。
坂を上るのも下るのも転びそうだった。









42.195km通過タイム
4時間55分
完走。

あきらめたら試合終了って安西先生が言ってた。
[PR]
by v_spec2-n1 | 2006-11-05 22:10 | Blog



 

GT-Rのある生活あれこれ
by Paul(v_spec2-n1)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Link List

・お気に入りリンク

PROFILE
■Paul
・神奈川県
・大学院生
・就職活動中

■BNR32
・H5年式V-spec
・ブーストアップ可能
(普段してない)
・見た目以外基本ノーマル

■CP22S
・H7年式セルボモード
・エンジン:F6A(キャブ)
・5MT
・ノーマル

※コメント投稿時のパスワードとは『削除キー』の事ですのでご自由に設定してください。
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

My HomePage

・CarlifeSupport
TrackBack

・GT-R



アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ